解析・シミュレーション支援

 

自動搬送検査装置 自動搬送省力機
レベル貼り付け・梱包機 ロボットシミュレーション

=======================================

解析業務請負

基礎理論
数学的理論
私達はCAE プログラムをサポートする有限要素法について深い洞察力を持っております。物理現象に合う制御方程式を選択することから、要素剛性行列を構築し、これらの行列を組み合わせて、変位を処理することまで対応しております。その後はいくつかの別の量の応力、ひずみ、 FOS 等を処理します。

要素
強力な基盤を持つことで、我々はあらゆる種類の要素の基礎を理解しており、基本のケースバイケースでその利点及びノウハウを適用することが出来ます。例えば、要素の同じ種類が一つの寸法である場合、しかしラグランジュ族の要素がバーの問題に準じています。一方、 Hermit 族の要素がよりビームの問題に準じています。その他に、改良プロセスで三角形要素が四角形より便利である等があります。

メッシング技術
メッシングが重要なプロセスであり、計算された時間及び対策の正確さに影響しています。
我々 はこの問題を慎重に研究し、その基準や基本的な概念を作りました。
例えば、アスペクト= max. 要素のエッジの長さ /min. 要素のエッジの長さ
理想:アスペクト = 1; 許容さ:アスペクト < 5
ワープ=四角形要素の 2 つの側面により作成された角度 >> 理想: 00; 許容さ < 150 ヤコビアン
理想が1で、許容さ > 0.6 (このパラメータは収束度に影響しています)
要素の長さの最小/ 最大
テトラ崩壊精製はメッシングプロセスでの重要な段階です。我々も h- 適用性、p- 適用性の利点を理解しており、そして基本のケースバイケースにより効率的な方法を選択するためのノウハウを持っています。

対策選択及びその結果の評価
我々は最短時間で正確結果を十分に圧縮するために、繰り返し対策又は直接的な対策のどちらかを選択する方法をよく理解しています。加えて、我々は Soft Spring, Inertia Relief, Large Displacement 等のソフトウェアに使用可能な対策プロセスを選択するための重要な基準を理解しています。
我々が使用できるソフトウェア及びそのモジュール
•SolidWorks、Inventor、Abaqus、Hypermesh、ANSA
リードプロジェクト .
NX, Inventor を使用し、鉄鋼でのマシンの強さを計算します。
圧延機、ピンチロールマシン:_インプット:力、モーメント、温度等 …
_アウトプット:変位、ひずみ、 FOS 等 …
せん断機、リフティングボックス: _インプット:力、モーメント等
_アウトプット:応力、ひずみ、 FOS 等
クオーターボックス:_インプット:温度
_アウトプット:応力、ひずみ、 FOS 等
_異なる条件で実行した後、 ANSYS を使用し、容器内の応力分布をシミュレートします。
_インプット:1 日あたりのフローレート、初期圧力、時間等
_アウトプット:シミュレートするために ANSYS FLUENT に単相のフローの方程式をインポートするユーザー定義関数を記入すること。
最適化構造力学: ANSYS のリンク、ビームを含みます。
_インプット:構造の初期サイズ、許容応力及び変位
_アウトプット:ANSYS での破壊力学を根本的にシミュレートします。
ANSYS FLUENT で 3 つの流体のフローをシミュレートします。

参考事例

Stress Analysis of a differential motion Displacement Analysis of a Shaft of Shear machine

 

Stress Analysis of a Lifting component Stress Analysis of a Bell sheave

 

Stress Analysis of a Basement of Rolling machine Stress Analysis of Crank component of a Pinch-roll machine

 

Displacement Analysis of an Overflow Gate Crash Analysis